ボート免許は正式には小型船舶操縦免許証との呼称で国家資格のひとつです。
エンジン付きのボートをはじめ水上バイクなどの代表的なマリンメジャーを楽しむためには必須の資格と言えます。
レジャーを楽しむ際の汎用性の広さが最大のメリットで、マリンメジャーを自在に楽しむためだけでなくフィッシングなどを楽しむ場所も範囲も飛躍的に広がるので、遊びの幅を広くより深く極めることを可能にするのです。

もっともボート免許といってもいくつかの種類があり、自分がどの程度のスキルや活動範囲を確保したいのかによって選択することになります。
具体的には小型船舶操縦免許証には、一級と二級・河川免許に特殊小型の4種類から構成されているのです。
これらのボート免許は、操舵する場所や陸地からの距離などによって等級は制定されています。
国家資格であることから必要な知識を確認するための試験を突破する必要があり、科目は操縦者の心得や水上での交通法規、船舶の安全運航のための必要な知識などから構成されているわけです。

またボート免許には等級に応じて資格要件も定められており、1級は満17歳9ヶ月以上の年齢であること、それ以外の等級は満15歳9ヶ月以上であることが必要とされており、他には視力や聴力などの身体的要件も求められています。

小型船舶操縦免許を取得すれば、保管係留場所を確保し、小型船舶を購入し、登録機関に新規登録と検査に合格して、いよいよ免許の等級に応じた範囲でボート操縦を実践することが可能です。
小型船舶は維持費が必要で耐用年数の関係もあるので、税金対策を検討することも重要なポイントになるのです。

とりわけ企業などが福利厚生目的でボートやクルーザー類を購入するときには、福利厚生費で仕訳をすることになるので、経費で落とすことが可能です。
メンテナンスの為に維持費が嵩むのに高額なクルーザーなどを企業が購入する事例が多いのは、福利厚生に仕訳することが出来るので節税効果が高いことを指摘することができます。

クルーザーまたボートやクルーザーなどの小型船舶は資産の部に仕訳されます。
固定資産は減価償却が認められているので、毎年一定額を税金対策に活用することが出来るわけです。
ここで減価償却の限界を検討するうえで重要なのは、耐用年数になります。
小型船舶の場合、モーターが付いているものでは4年程度とされています。
初年度には購入代金を損金算入率が高く設定されていることも併せると、企業にあっては税金の節税効果は高く見込めると評価できるのです。